太秦からの映画便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映写室 インタビュー「平成ジレンマ」(後編)~戸塚ヨットスクールの現在~

映写室 インタビュー「平成ジレンマ」(後編)~戸塚ヨットスクールの現在~
―戸塚ヨットスクール校長 戸塚宏氏・斉藤潤一監督・阿武野勝彦プロデューサーインタビュー―

<続き>
―でも体罰は禁止された。ヨットスクールの歴史は、教育界のそういう流れと戦い続けた30年とも言えますね。
戸塚:そうです。体罰が何故悪なのか? 体罰と暴力を一緒にするような者に論じる資格は無い。人格を尊重してと言うでしょう?人間は生まれたときから完成品であると言う誤解を持っているんです。生まれた時から人間としての自由や尊厳があるはずが無い。自分、人格は作るものであると言うのを解かっていないんです。今教育は難しい。子供をどう育てたらいいかわからず、親は必死です。僕が講演するとそんな親たちが駆けつけてくる。教育者は来ません。PTAからの講演依頼はもの凄く多いけれど、教育委員会からクレームが入って、必ず直前にキャンセルになる。

heisei-t.jpg
(2月28日 大阪にて)

―う~ん。
戸塚:僕は懲役6年の実刑を受けたけれど冤罪です。傷害致死という罪状ですが、これは犯意が無いと成り立たない。外傷性ショック死と言うけれど、解剖もされてないから、死因が証明されていないんです。マスコミの後押しで罪人にされたけれど、マスコミは反権力なんだから、個人に刃を向けずに、裁判をもっとしっかりやれと後押ししてくれなくては。
斉藤:取材をしてみて、「戸塚ヨットスクール」をバッシングしながら、それに変わるものを生み出していない。プロデューサーがつけた「平成ジレンマ」という題名にも繋がるんですが、そこに私たちのジレンマがあると感じました。

戸塚:行動するには不快感が必要なんです。嫉妬と言うのは善なんです。自分が嫉妬を起こした時はその行方を追えばいい。嫉妬の目的は進歩です。もちろんそれには努力が必要ですが、怒りで行動していると進歩します。ところが今の子供は、怒りを恐怖に変えて逃げる。自分が進歩しないで人のせいにするんです。今の教育は、動物だったらとっくに死んでいる、自分では生きる力の無い人間を、助けて生かしているんです。
―自傷行為のある方を預かっていますね?
戸塚:手首に一杯リストカットの痕がありましたね。あれは本気ではなく脅しです。死ぬつもりのあるやつは、どんな事をしても止められない。だけど、面倒でそんなもん何処も預かってくれない。切羽詰った親御さんを見て、うちで引き受けざるを得なかった。うちに来るのはそんな子供ばかりです。直ぐに亡くなりますが、あれは本当に死ぬつもりではなかった。脅すつもりでやったら、間違えて本当に死んでしまったんだと思います。

―お母様が感謝しスクールでお葬式をしてますものね。ところで、古い映像が入っていますね。
斉藤:ええ、「戸塚ヨットスクール」が僕らの取材エリアの中で、当時の映像が沢山あるのも、このドキュメンタリーを作る大きな動機になりました。テレビ局なので、先輩たちの撮ってきた映像が自由に使える。組織であることの大きなメリットです。今、テレビの放送枠の中からドキュメンタリーが消えつつある。でも、悲観ばかりをしなくてもいい。テレビ局は、自分たちが持っている映像をこんな風に使えると気付いて、可能性が広がりました。
阿武野勝彦プロデューサー(以下敬称略):その映像の中に、当時は取材の仕方も知らないような、おばかな自分が現地レポートをする姿が映っていて、それもこの作品を作る大きな動機になったと思います。
―当時、撮影された方々は、このドキュメンタリーを見てどんな反応を?
阿武野:時間がたっているので、退職されたりしていますが、皆さん好意的に見てくださったようです。新聞の方が、「戸塚ヨットスクールは昔と変わってないなあ」と感慨深げに言われたのが印象的でした。そんな具合に、当時取材に関わった方は、積極的に見てくださっていますが、一般的にはこの作品、客層が若いんです。先行上映の東京・名古屋では、若い人からの反響が大きい。「戸塚ヨットスクール事件」を知っているのは、30代以降なのに、上智大の試写でも、反応がよかった。若い人からの反響に驚いています。

―色眼鏡をかけずに見れるというか。「戸塚ヨットスクール事件」を知らないからこそ、かえって新鮮な気持ちで見れるのかもしれませんね。
斉藤・阿武野:ええ。
戸塚:若い人たちは将来に不安を持っている。皆が、自分たちに未来があるのだろうかと、思っているのですよ。
―時代のせいでしょうか?
戸塚:今の若者は、チヤホヤされるばかりで、小さい頃に体罰を受けていない。小さい頃に体罰の経験があれば、大きくなってからでも、もっと小さい何かをすれば、言うことを聞くが、それが無いから言うことを聞かない。子供は驕慢なんです。実体が無いのに何者かであるかのように驕り自惚れている。驕の部分を壊してやらないといけない。すれを小さい頃にやっておけばいいけど、そんな経験の無い今の子供は、甘えん坊ですぐに人のせいにする。全部自分の責任だと言うところまで責めていかないと、解らない。進歩しようと思ったら、自分は駄目だと思わないと駄目なんです。

dilemma_sub2.jpg
©東海テレビ

―甘えん坊を鍛えてそう思わせるのは、大変な仕事です。スクールを卒業しても又舞い戻ってくる訓練生が多いですね。戸塚校長のお顔に複雑な陰が浮かんでいました。
戸塚:多いね。卒業したからと言って安心できない。何時まで見守ればいいのか、難しいです。子供の頃にやらないといけなかったことを、今頃やってもなかなか効果が出ない。
斉藤:再入所のシーンは映画化にあたり付け加えたところです。テレビでは時間の関係とかで削らざるを得なかったけれど、入れました。劇場公開に当っては、テレビの制限を広げ、映画の可能性にかけたところがあります。後、波とか雲とか、情景を映して余韻を残しました。
―日曜の午後1時といういい時間帯で放送しながら、映画化したわけは?
阿武野:もちろん反響が凄かったからですが、僕らの在籍する東海テレビは、3県で1200万人、5パーセントの視聴率でも60万人が見る計算になります。映画の現状を見ると、全国展開をするとはいっても、この作品、1万人に見てもらうのも厳しいでしょう。数字的にはそんな風ですが、数字の面だけではない、能動的なお客さんに届くのではないかと期待しています。ローカル局なので地域が限定されたのも残念。全国の映画館にかけ、多くの人に観て欲しいと思っています。
―映画化の手応えは?
阿武野:北海道や沖縄と、この作品を手渡せる場所が順調に広がっているのが嬉しいです。昨日も4館からかけるというお返事を頂きました。先行した東京の「ポレポレ中野」が入っているので、映画館の反応がいいのです。多くの世代に見て欲しいけれど、特に子育てをしている世代には見ていただきたいと思います。(聞き手:犬塚芳美)

<作品の感想とインタビュー後記>
 戸塚校長の確たる教育理念が熱く語られました。誤解を招きかねない過激な言葉も、穏やかな顔で話されます。その横で、少し戸惑い勝ちにじっと耳を傾ける斉藤潤一監督と阿武野勝彦プロデューサー。映画と同じように、戸塚校長の言葉に解説や感情移入はありませんでした。この製作者コンビ、良質な司法ドキュメンタリーをたくさん作っています。この企画の一端は、そんなところから派生したのかも。


この作品は、第七藝術劇場(06-6302-2073)で上映中。時間等は劇場へ。
   4月9日神戸アートビレッジセンター、
5月京都シネマ にて公開


又、この作品の公開にあわせ、「東海テレビドキュメンタリー傑作選」と題して、4月2日(土)より8日(金)の間、第七藝術劇場(06-6302-2073)で毎日11:55分より12:50分まで、上映があります。料金は当日のみ1000円均一。

スポンサーサイト

映写室 インタビュー「平成ジレンマ」(前編)~戸塚ヨットスクールの現在~

映写室 インタビュー「平成ジレンマ」(前編)~戸塚ヨットスクールの現在~
―戸塚ヨットスクール校長 戸塚宏氏・斉藤潤一監督・阿武野勝彦プロデューサーインタビュー―

dilemma_main.jpg
©東海テレビ

《その前に、「戸塚ヨットスクール」とは》 
<ある年代以上の方なら>、戸塚宏氏の名前や、戸塚氏の開いた「戸塚ヨットスクール」と言う言葉に、ある種の感慨を持つだろう。これは、そんなスクールの今を撮った映像だ。
昭和50年に、世界的なヨットマンとして名を馳せた戸塚宏氏は、オリンピックで通用するような一流のヨットマンを育てようと、「戸塚ヨットスクール」を開いた。週末にはヨットを学びたい小学生が押し寄せたが、その中の一人に不登校の子供がいて、学校に通えるようになる。この辺りから、スクールは単なるヨットスクールの枠をはみだしていく。全国から非行や不登校の情緒障害児が集まりだしたのだ。全盛期には100人を超える訓練生がいた。
<ところが開校して4年目>、スクールは思わぬ高波に襲われる。訓練中に訓練生が死亡したり、訓練の厳しさに耐えかねて、海に飛び込んだ訓練生が行方不明になったりする、いわゆる「戸塚ヨットスクール事件」が起きたのだ。日本中が騒ぎ「戸塚ヨットスクール」バッシングが始まる。58年にはコーチや戸塚校長が逮捕され、スクールも一時閉鎖に追い込まれた。平成14年、コーチ3人に懲役2年6ヶ月から3年6ヶ月、戸塚氏には懲役6年の実刑が言い渡される。一方、4人の遺族と和解し、合計1億円あまりの賠償金が支払われた。

<それでもひっそりと>「戸塚ヨットスクール」は続いていた。平成18年、刑期を終えた戸塚氏がスクールに復帰したが、あの事件以来、激しい体罰を封印しスクールは様変わりする。現在訓練生は10名前後。かっては10代の若者が大半だったが、この頃は「引きこもり」や「ニート」が増えて、たいてい20歳を越えている。
<元になったのは>、2010年5月に放映された東海テレビのドキュメンタリー。劇場公開にあたって、テレビの制限を広げ、映画の可能性にかけたという。 
独特の教育観を持つ戸塚宏校長は、今の教育に警鐘を鳴らし、全国で講演する。長年、良質な司法ドキュメンタリーを作り続けてきたテレビマン二人は、テレビを飛び出し劇場にかけることで、放映枠の減少でドキュメンタリーが消えつつある閉塞的な現状にも、風穴を開けたいと話す。


《戸塚宏氏・斉藤潤一監督・阿武野勝彦プロデューサーインタビュー―》

―「平成ジレンマ」を御覧になって如何でしたか? ご感想は?
戸塚宏校長(以下敬称略):2010年5月に東海テレビで放映されたものを見ました。最初の「下手な解説は加えない」という約束どおりの仕上がりだったので、文句は無いです。
―事前のチェックとかは?
戸塚:していません。クレームを受け入れるマスコミもあるけれど、事前チェックの申し入れもいっさいしていません。
―反響は?
斉藤潤一監督(以下敬称略):凄かったですね。だからこうして劇場に進出できたんですが、番組を見た後、ホームページへの記入が40~50はありました。しかもどれもが長文で、私はこう考えたと言う感想を寄せてくれています。「戸塚ヨットスクール」を取り上げることに対して、クレームが来るのではないかと予想していたのですが、それは無かった。

heisei.jpg
(2月28日 大阪にて)

―放映後の反応を危惧しながらも作った訳ですね。この作品の制作意図は?
斉藤:本当言って、今でもまだヨットクールが続いているのが、信じられなかった。どうして続いているのかを確かめたかったんです。今、どんな訓練がされ、親はどんなものを求めているのかを確かめたかった。
―スクールに行かれてどうでしたか?
斉藤:取材に入る前は、根暗な子の溜まり場だろうと思っていたんですが、実際は、皆普通で、しかもその辺にいる子よりずっと礼儀正しい。家庭環境も普通で、これは人事ではないなと思いました。
―母子家庭が多いとか?
戸塚:母子家庭かどうかはともかく、教育の荒廃は父性がかけているから起こる問題なんです。女性は今の子供の味方、男性は子供の将来を見据えて、それに味方する。父性が無いから、今の子供たちは将来への見通しが無い。不安定なものは進歩しません。進歩しようと思ったら、徹底的に否定されて、心底自分は駄目だと思わないと駄目。でも今は、それが駄目だと言うでしょう? 褒めて伸ばすと言うけれど、そんな上等な子供がいるもんか。褒めると叱るが同居するもんか。今の子供は進歩の自由をなくしている。体罰を取り入れたのは、彼らと一緒に生活してみれば解ります。あんな子供たちと誰も一緒にいたくない。(聞き手:犬塚芳美)<続く>

この作品は、第七藝術劇場(06-6302-2073)で上映中。時間等は劇場へ。
   4月9日神戸アートビレッジセンター、
5月京都シネマ にて公開


又、この作品の公開にあわせ、「東海テレビドキュメンタリー傑作選」と題して、4月2日(土)より8日(金)の間、第七藝術劇場(06-6302-2073)で毎日11:55分より12:50分まで、上映があります。料金は当日のみ1000円均一。

映写室 お知らせとお詫び

映写室 お知らせとお詫び
  ―長い間お休みいたしました― 

 去年の6月より個人的な事情で映写室の更新を休みました。長い休載の間、途中のフォローも無く、申し訳ありません。混乱は回復しつつあるものの、トラウマで日常生活への恐怖が残り、このページを開けなかったのです(!)。目下、色々な意味でリハビリ中。まだ今までのペースで更新するのは難しいのですが、少しずつ、以前のように、ぜひ見て欲しい作品を取り上げたいと思います。どうぞよろしく。(犬塚芳美)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。