太秦からの映画便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映写室「標的の村」上映案内

映写室「標的の村」上映案内 
 ―全国ニュースから抹殺された、沖縄のもう一つの物語― 

 SLAPP裁判とは、国策に反対する住民を国が訴える裁判です。力のある団体が、声を上げた団体を訴える弾圧・恐喝目的の裁判を、アメリカではSLAPP裁判と呼び、多くの州で禁じていますが、そういう裁判が沖縄で起こりました。

hyoteki_main_convert_20130811223123.jpg
©琉球朝日放送

「オスプレイ」の着陸帯建設に反対して座り込んだ住民を、行政が「通行妨害」で訴えたのです。訴えられた中には現場にいなかった6歳の少女も含まれていました。この珍事件の意味するものは? 全国放送から抹殺された沖縄の現実を、地元琉球朝日放送が取り上げました。その反響の大きさで、今度は全国の劇場に問いかけます。三上知恵監督に撮影秘話等を伺いました。

<舞台になるのは沖縄北東部の東村・高江区です>人口160人あまりの、ヤンバルの森に囲まれた長閑な山村ですが、戦後、村を囲むように、7800ヘクタールという国内最大の、米軍のジャングル戦闘訓練場に囲まれてしまいました。いつもは鳥のさえずりのこだます静かな村も、ひとたび米軍の訓練が始まると、上空には巨大なヘリが飛び交い、耳を劈くような騒音に包まれます。

<それでも人々は自然と共存し>、自給自足で豊かな暮らしを続けてきました。物作りの人が集まりやすい環境で、安次嶺現達さん、通称ゲンさんも、この森に魅かれて10年ほど前に家族で越してきました。自分で家を建て、自家製の新鮮な野菜と釜焼きパンを売り物に、そこでカフェを営み、6人の子供と楽園のような暮らしを続けてきたのです。そこに降って沸いたような、高江の周りに6つのヘリパッドが新設されるという話。そして、死亡事故の多い垂直離陸機・オスプレイも配備されるという話でした。

<2007年1月22日>、今まで運動とは無縁で静かに暮らしてきた高江の人々が驚愕し、那覇防衛施設局に抗議をします。局員の返事は「米軍の運用に関しては日本側は関与できない」という突き放したものでした。再三の反対決議もむなしく、一方的な工事通告がされます。(ヘリパッドが出来たらもうここには住めない。首長は基地反対を訴えて当選しても、複雑な経済構造を知ると時を経ずして容認に変わっていく。どこに訴えても誰も助けてくれない。自分たちの村は自分たちで守るしかない)と、この年の7月2日から、住民による座り込みが始まりました。

<8月21日、防衛施設局が工事にやってきます> 腕を組んでいく手を阻止する住民たち。飛び交う罵声。とうとうこの日は中断して施設局が帰っていきました。しかし、程ない2008年11月25日、現場での座り込みが「通行妨害」にあたるとして、国が仮処分を申請します。ゲンさん一家は、ゲンさんだけでなく妻や現場にはいったこともないまだ7歳の少女海月ちゃんまで訴えられました。2009年12月11日に15人のうち13人の処分は却下されましたが、住民の会の代表の伊佐真次さんとゲンさんには「通行妨害禁止命令」が出され、本裁判に発展してしまいました。皆は動揺します。反対運動を萎縮させる、これこそSLAPP裁判の狙いでした。「これは見せしめのようなもの。なんとしてもひっくり返したい」皆の思いでした。

<米軍ヘリには日米どちらの空港法も適用されません> 民家や学校の上空もかまわず飛び、夜間は集落のわずかな明かりを目印に旋回します。
高江は周りを訓練場に囲まれ、かっての自分の家のお墓にもいけません。訓練場と民家の間にはフェンスもなく、兵士が突然庭先に現れたこともあります。まるで標的にされているようだと感じる住民は多いのです。かってここは、米軍がベトナム村を作り、実践直前の襲撃訓練を行ったところでもありました。

hyoteki_sub1_convert_20130811223206.jpg
©琉球朝日放送

<1964年9月9日地元紙「人民」には>、地元の高江区民がべトナム人の役で米軍の訓練に借り出されたと記述があります。この記事を書いた元記者の知念忠二さんは「当時の米軍がひどかったのは皆知っているが、陸の孤島だった高江やジャングル戦争訓練場のある地域で米兵がやったことは、私たちの想像を超えるものだった」と証言します。
でも、それを声高に言う住民はいない。本土からは遠く、援助もない隔離された土地で、実際に道を作り助けてくれたのは米軍。あれこれ言うよりは口をつぐんで基地と共存することを選んできたのでした。

<それでも、「オスプレイ」の配備は容認できない> 住民が自分たちの暮らしを守るために、腕を組んで体で阻止しようとした時、住民を排除しようとしたのは上から命じられた地元沖縄の行政機関や警察。本当の敵ははるか後ろに下がって、沖縄住民同士が対立し争っています。

<2012年9月29日、「オスプレイ」強行配備の前夜に>、沖縄の人々の怒りが爆発しました。普天間基地のゲート前に、身を投げ出し車を並べて22時間にわたって完全封鎖したのです。真っ先に座り込んだのは、沖縄戦や米軍統治下の苦しみを知る老人たちでした。
辺野古を取材していて、次は高江だ、背後には「オスプレイ」の配備があると、直感的に分かりました。だからこちらも続けて取材していました。復帰後40年たっても、なお沖縄の苦しみは続いています。全国放送では抹殺されたニュースですが、これをこそ伝えたいと、私たち地元テレビ局が動きました。(三上知恵監督談)

この作品は、8月31日から第七芸術劇場、
9月7日から京都シネマ、神戸アートビレッジセンター にて公開。
スポンサーサイト

映写室「ひろしま 石内都・遺されたものたち」上映案内

映写室「ひろしま 石内都・遺されたものたち」上映案内      
―アートで心の扉を開く―

 ぼんやり見ると、被写体が原爆の遺品というのを忘れてしまう。美しいアート写真の向こうから浮かび上がるのは、それを身につけていた人の奪われた日常だ。広島の原爆を考えさせる、新しい切り口の作品が公開中です。

hiroshima_main_convert_20130802033557.jpg
©NHK / Things Left Behind, LLC 2012

 <日本は世界で唯一の被爆国だ> 今なお爪痕が残り、世代を超えて後遺症で苦しむ人もいる。マスコミもまるでそれが義務ででもあるかのように、夏休みでテレビをつける時間が多くなったお茶の間に、原爆に絡んだニュースを届けてくる。私たちから、原爆の記憶が消えることはない。繰り返してはいけない愚考だと、誰もが思う。
 <でもそれは被爆国日本の視点だから> 驚くことにアメリカでは、未だに、リベラルな人々の間でさえ、「原爆は戦争を終息に導くのに必要だった」と言われている。パール・ハーバーの攻撃から始まった戦争は、双方が自国の愚考に蓋をして、本質を突き詰めないまま、風化されようとしている。

 <そういうアメリカの人々に>、原爆のことを知らせ、もっと考えてもらいたいというのは、リンダ・ホーグランド監督の長年の思いだった。
<監督はアメリカ人宣教師の娘>として京都に生まれ、山口や愛媛で公立の学校に通った。小学4年の時に、教師が黒板に「原爆」と書き、クラスメートが一斉に自分を見た時の震える感情は未だに忘れられないという。その場にアメリカ人は自分一人しかいない。幼い自分がたった一人でアメリカを代表して、クラスの皆に詫びなくてはいけないという心の重さ。この時の記憶はしばしば蘇り、監督にとって人生の大きな宿題となる。その思いを結実させた作品だ。

 <この作品は、巧みな2重構造になっている> 原爆そのものを追うのではなく、まずは日本を代表するカメラマン、石内都が原爆の遺品を映す様を追い、完成した写真を映し、続いて世界各地でその写真の展覧会を開くさまを追い、写真と観客の反応から、写真の向こうの原爆の悲惨さを浮かび上がらせるという巧妙で複雑なものだ。

 <長年広島を避けてきた石内都だが>、出版社からの依頼でこの地を訪れ、平和記念資料館に保存されているおびただしい遺品の、声にならない声に魂を揺すられる。以降広島に通い、平和記念資料館に届けられた遺品の中から、美しくて心に響いたものだけを映した。

 <そういう石内の姿勢に共感した監督は>、彼女と彼女の写真を追ってみようと閃く。

hiroshima_sub1_convert_20130802033644.jpg
©NHK / Things Left Behind, LLC 2012

「石内さんとは、私の前作<ANPO>以来の付き合いです。彼女の写真集を見て<ANPO>に出てもらって、その忘年会でこの作品のカメラマンの山崎さんに出会いました。そして、自分の長年の宿題の為に、彼女の広島の写真を追ってみたいと思ったのです。

 そして、石内さんの写真を見て素直についていったら、いつの間にかこの作品ができていました。当時の悲惨さを訴える映画はたくさん作られています。でも、そういう作品では、アメリカ人に見てもらうことは難しい。悲惨であればあるほど、皆が吾関せずと目をそむけます。原爆と今の自分たちを結びつける別の切り口が必要でした。
石内さんがよみがえらせた、美しい遺品の数々。美しいだけに、それを身につけていた人の一瞬で消し去られた日常が浮かび上がります。その日常は、今これを見ている貴方とそんなに違わない。又、原爆で一瞬に奪われた命は何万人ですが、命を落とされたのは私たちと同じ一人一人。それぞれの人生と生活が一瞬で消え去ったことに気づいて欲しいと思います。

 でも、私がこの作品で気をつけたのは、戦争が悪いとか原爆が悪いとかの、明確なメッセージを与えることではありません。もっとより多くのことを、この向こうに想像してほしいのです。
 石内さんの写真が主体ですが、後半30分は意識的に彼女の存在を消しています。この作品はアーティストを主人公にしたのではなく、彼女のアートを中心に置いたものですから。アートは素晴しい。現実を超越する力を持っています。時を止めて今も昔もなくなります。見ている人と表現されているものの時間がシンクロしますよ。又、石内さんは遺品そのものではなく、遺品の持つ魂を映しています。ある意味で現代のいたこですね。まるで石内さんが魔法をかけたかのように、遺品がそれに秘めている物語を語っています。静かな展示室がある意味で饒舌で」と、語るリンダ・ホーグランド監督だ。


hiroshima_sub2_convert_20130802033727.jpg
©NHK / Things Left Behind, LLC 2012


<この作品の中では>、私が始めて聞く衝撃的なことも明かされている。たとえば、原爆に関するマンハッタン計画には、アメリカだけでなくカナダとイギリスも関与していたこと。原爆に使われたウランを掘ったのは極東に住んでいたカナダの先住民で、彼らは唯一広島で原爆の謝罪をしているということ。というのも、採掘に関係した男性は20年以内に皆死んでしまった。原爆がどういうものであるかを理解し、誤らずにはおれなかったのだ。心の痛みを持つものこそ、痛みを共有できるということだろう。(犬塚芳美)

この作品は、8月3日から梅田ガーデンシネマで上映中
      9月14日から神戸アートビレッジセンター にて公開。

映写室「立候補」上映案内

映写室「立候補」上映案内  
  ―泡沫候補の思いを探る― 

 選挙シーズンも終わりました。貴方は政見放送を見ましたか? 選挙結果を見ましたか? そして、選挙速報にも載らない泡沫候補を知っていますか? 夢を諦めない藤岡利充監督が、夢を諦めない泡沫候補に感じるシンパシー。面白くてちょっと切ない泡沫候補たちを追うという、斬新な視点のエンタテインメント・ドキュメンタリーが完成しました。彼らの目的は? 本気度は? 知れば知るほど切ない物語、笑いと涙に誘います。藤岡利充監督と木野内哲也プロデューサーにお話を伺いました。

rikkouho-main1_large_convert_20130802034007.jpg

―目から鱗が落ちました。選挙というと、当選落選のせめぎ合いにばかり目が行きますが、考えてみると、皆からぽつんと離れて、わずかの得票しかない候補者がいますね。この作品を撮ろうと思われたきっかけは?
藤岡利充監督(以下敬称略):僕ら二人は元々CM製作会社の上司と部下でした。一緒に組んで色々な仕事をしてきたのです。でも映画への夢が捨てがたくて、会社を辞めて1本映画を作りました。あまり評判がよくなく、その後山口に帰って、向こうで仕事をしていたのですが、自分の中で映画への夢がふつふつとしていました。そういう時に、泡沫候補たちに目が行きました。この人たちはものすごい夢追い人だなあと、気がついたんです。たいていの人が夢を口にしますが、その夢というのは単なる目標で、実現するものではない。でも立候補者は、単なる夢で終わらせず、夢を実現するために一歩進みだしています。平気な顔はしていても、やっぱり覚悟してはいても、落選のダメージは大きいと思うのです。それでも出続ける彼らに興味を持ちました。マック赤松さんは「静かな池に投げる一個の石」だと表現しましたが。

―この方は不思議な方ですね。ちょっとわけが分かりません。本気なのかどうか。
木野内哲也プロデューサー(以下敬称略):本人も手段と目的がわからなくなっている気がします。得票数が足りないと、供託金の300万円が没収されます。お金持ちとはいえ毎回ですからね。
―息子の健太郎さんの言葉が生きていますね。
藤岡:実はあれは後で撮れたものです。駄目だろうと思いながら、撮影をお願いしたらいいですよと。健太郎さんのインタビューを入れてしまりました。父親をクールに見ていて、一般の人の思いを代弁していますからね。

rikkouho-sub1_large_convert_20130802034048.jpg

―そのくせ、肉親ならではの情もある。こういう息子がいるからこそ、会社を任せて選挙見入れあげれるのだなあと思いました。それでも、健太郎さんが父親の心理を理解しきれないように、マック赤松さんは、私たちには謎のままです。何か突っ切った大きな思いがおありなのでしょうねえ。いちいち説明するのも面倒で、道化と思われても気にせず、スマイル党の精神を広めているのかなと。凡人には想像の範疇を超えています。
木野:正直分かりません。
―そういう思いはすべての泡沫候補者に通じます。
藤岡:ちょっと切ないところもありますが。でもこの映画を見て、一票を入れたい候補者がいなければ、自分が出ればいいと気づいて欲しいのです。そういう形で、夢を諦めずに、自分が自分の人生に立候補して欲しい。僕は映画でご飯が食べられるようになりたい。いつかはアカデミー賞を取りたいと思います。そういうことを言うと、又大きな夢ばっかり入ってといわれるけれど、無形の夢を追い求める人を、もっと称えるべきだと思って作りました。(犬塚芳美)

    この作品は、第七芸術劇場で上映中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。