太秦からの映画便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映写室 シネマエッセイ「ブーリン家の姉妹」

映写室 シネマエッセイ「ブーリン家の姉妹」 

 ―イギリスのゴールデン・エイジを築いたエリザベス1世の母と叔母と父―

 16世紀のイングランドの国王、ヘンリー8世を巡る女達の愛憎を描いた「ブーリン家の姉妹」が公開中です。これが素晴らしくて。ほとんどの撮影をイギリスの古い建物と豊かな自然の中で行い、衣装も当時の宮廷画家だったハンス・ホルバインの絵画を参考に創作して、まだ野趣味の残るチューダー王朝を豪華に再現。コスチューム劇では衣装が浮きがちなものだけれど、上手く時代感を出して馴染ませ、しかも俳優たちがそれに負けない存在感で着こなしているのが見事でした。ケイト・ブランシェットが演じた「エリザベス」、「エリザベス・ゴールデンエイジ」と繋ぐと、父と娘が統治した16,17世紀のイギリスの100年近くが俯瞰できるのも魅力です。

bu-rin-m.jpg
(C) 2008 Columbia Pictures Industries, Inc. and Universal City Studios Productions LLLP and GH Three LLC. All Rights Reserved

 <この作品は、原題が「The Other Boleyn Girl」な>ように、王妃となったアン・ブーリン以上に、歴史の影に隠れるもう一人のブーリン家の娘、メアリーにスポットを当てています。仲の良かった姉妹は、1人の王を巡り仲たがいと和解の果てにどうなるのか。史実を踏まえながら大胆な創作を加えていく。お世継ぎを巡る画策はまるでイギリス版大奥で、権力闘争の要は洋を問わず女なのだと気付きました。

 <この姉妹の悲劇は、権力が王に集中し>、其処に近づくしかのし上がる方法がなかった時代に、美しく生まれたことだったのでしょう。親族や父の野心と気まぐれな権力者に翻弄され、一人は王の愛人となり男子を生みながら追放され、一人は王妃となり、後の女王エリザベス1世を生んだ後に断頭台の露と消えていきます。お金も地位も要らない、欲しいのは愛だけという純粋さで、王の心を捉える妹メアリーをスカーレット・ヨハンソンが演じ、私を欲しいのなら正妻にしてと迫り、妹を追放させ、王妃を追い出して自分がその椅子に座る、知的で野心的な姉のアンにナタリー・ポートマンが扮します。

 <アンの主張は今の時代なら当たり前だけれど>、当時としては画期的でした。離婚を認めないローマ法王と対立させてイギリス正教に変えさせたりと、王を翻弄して歴史上でも重要な役目を果たします。
 <アンは野心的だけれど>、そこに悲しさが見えなくもありません。のんびりと育てられた妹と違って、父親の期待を担って、一家の戦略の駒として育てられたから、王の優しさに自然に応えられる妹に対して、彼女はぎこちなく恋さえも戦略でした。男の子を流産して、それを隠そうと弟にまで関係を迫るという愚かさも、王妃の座にしがみつきたいと言うより、王への執着だろうに、それを恋だと自覚できないのが痛ましいのです。

bu-rin-s.jpg
(C) 2008 Columbia Pictures Industries, Inc. and Universal City Studios Productions LLLP and GH Three LLC. All Rights Reserved

 <男ならば手を差し伸べざるを得ない>、儚さを纏った妹に対して、同じ物を持っていながら、どこまで強いのかと叩いてみたいような硬さを纏わされた姉。断頭台で震えるシーンでアンの繊細な心をポートマンが見事に表現しますが、「宮廷…」でもそうでしたが、心の奥底のガラス細工の様な脆さを見せるのは、苦しみも極限の時。それを見たさに、いわば可愛さ余って憎さ1000倍のように、男たちの冷酷さも増すのかもと思ったりもしました。いたわりで愛を受取る者と、冷酷な仕打ちで愛を確かめられる者、どちらがより愛されているのかは解りませんが、実利の取れるメアリーは美しさ以上に女から見ると魔性の女です。これがそのまま、演じる女優達にも当てはまりそうで、今回も役でそう思うのか、演じる者が加えた物でそう思うのかと迷いました。

 <この姉妹の、まるでジェットコースターのような>波瀾の人生に胸が痛みますが、そんな仕打ちをした権力者の、声に出さない慟哭も伝わってくるのがこの作品の優れた所です。エリザベス1世は生涯独身を通し、その理由を「私はイングランドと結婚した」と言いました。これを観ると、その父が世継ぎを欲して6回の結婚をし、そのうち二人の妃を断頭台に送ったのは、妃とではなくイングランドと結婚していたからだとも思えてきます。
 <最もこんな感想は、憂いを含んだ曖昧な瞳の>エリック・バナが王を演じたからで、残忍な行動と瞳の訴えるものが一致しない。どうしてもその瞳の奥に深い思慮を探ってしまい、この作品の魅力と欠点は、エリック・バナの加えたヘンリー8世の人間性だと思う位でした。もちろん冷酷な仕打ちを受けながら、最後までどこかで王を信じていたメアリーの視点に、私が共振したのかもしれません。

 <ところで私が嬉しかったのは>、「アクロス・ザ・ユニバース」や「ラスベガスをぶっつぶせ」で今年一気にブレークした、イギリスらしい気品と甘さを漂わせるジム・スタージェスがこの姉妹の弟に扮しているところでした。心配そうなスタージェスの顔が二人の間に挟まるだけで、絵的にも深くなる。3人で無邪気に遊んだ、幼い田舎の日々が人生の最良の時、何があってもこの弟だけは、二人の姉に幼い頃の面影を重ねていたのではと思うのです。
 この後ブーニン家は没落しますが、首謀者の叔父一家は今も生き残っていると聞くと、これこそが貴族の処世術と唸らされました。 2月にあったロンドンのプレミア試写会では、ここに登場する人々の末裔であるチャールズ皇太子夫妻がオープニングに駆けつけ、イギリスの映画とテレビの発展を挨拶されているので、豊かな文化遺産でハリウッドに巻き返しをと言う戦略もあるのでしょう。確かにイギリスの力あってこその作品でした。(犬塚芳美)

 <余談ですが>
 この作品は複雑な愛憎劇に負けず劣らず、豪華なビジュアルも見所です。二人とも古典的なドレスがよく似合いますが、ヨハンソンが世に認められたのはオランダの画家フェルメールのミューズを演じた「真珠の耳飾りの少女」だったし、ポートマンは今上映中の「宮廷画家ゴヤは見た」だけでなく「スターウォーズ」シリーズでも、未来なのか過去なのか解らない豪華なドレス姿を披露していました。衣装を担当したのは、アカデミー賞で常連の「恋に落ちたシェークスピア」のサンディ・パウエルです。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

素晴らしい

どこがよかったと言葉に出来ません。しかし映画を見た!という満足感で一杯。こんな映画を見ると邦画に足が向かなくなる。力の違いはれきぜんです。

k.k | URL | 2008年10月31日(Fri)21:09 [EDIT]


濃密な空気感が見事でした

一人一人の人物像を丁寧に描いているので、目が話せなくて。気がつくと息を詰めて見つめていました。悪い癖て、表も裏も複雑な感情を描いているメアリーよりも、心を表しきらないアンやヘンリー8世の思いを探ってしまい、よけいに物語が濃厚でした。イギリスだけでなくヨーロッパの貴族社会は、何かと言うと断頭台に送り、橋や塔の上から突き落としと命を絶ちます。血のつながりの怖さを知っていたのかも知れず、ここでもメアリーは、ひどい仕打ちをされながら実の姉のアンを助けようとする。生き泳いだ叔父一家は見事と言うしかありません。

犬塚 | URL | 2008年10月31日(Fri)23:40 [EDIT]


邦画をバカにしたらいかんぜよ!

邦画には邦画のよさがあるぜよ。

通りすがり | URL | 2008年11月03日(Mon)09:15 [EDIT]


邦画には邦画の良さが

ありますよね。でもやっぱりこんな重厚な作品は無理。どちらが良いとは言わないけれど、どちらも見るけれど、こんな作品は見逃せません。

犬塚 | URL | 2008年11月04日(Tue)22:45 [EDIT]


見に行きたいけれど、交通費を考えるとできればレディースデイに…なんて思っているうちに見逃してDVDになりそう。
でもこの映画はぜひ大画面で、映像の美しさも楽しみたいです。再来週に有休を取ったのでぜひそれまでやっていて欲しい。それまでに少し、原作も読んでおきたいと思っています。

ayako | URL | 2008年11月05日(Wed)23:45 [EDIT]


1000円だと

行きやすいですよね。私の回りも皆会員制度か映画の日、あるいはレディスデーの利用者です。私も試写で見れなかったものはそうするし、あとはレイトショー(8時から1200円)の利用が多いかなあ。それも近くに映画館があるからで、半径100キロ無い地方もあるんだから、映画文化は風前のともし火。いっそ皆1000円にすればいいのにと、部外者は思いますよね。
この作品はぜひ映画館で観ていただきたい作品です。でも「エリザベス」はもうDVDしか無理かなあ。この2本に比べると、「エリザベス・ゴールデン映二」はかなり落ちますが…。

犬塚 | URL | 2008年11月06日(Thu)08:18 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013年02月12日(Tue)08:48 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。