太秦からの映画便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映写室 NO.200グラン・トリノ

映写室 NO.200グラン・トリノ 
   ―移民社会アメリカの融合―

 「硫黄島からの手紙」、「チェンジリング」等、監督のイメージが定着したクリント・イーストウッドだけれど、出発点はもちろん俳優業。そんな彼が「ミリオンダラー・ベイビー」以来となる、待望の主演、監督作で帰ってきた。自戒を込めた露悪的な視点も加えて、死生観と共に移民問題を抱えるアメリカの現状を捉えます。(こんなのってあり?)と、言葉を失う驚愕の結末のほろ苦さ。最後の俳優作品と聞いては見逃せない。

guran-torino-s.jpg
(C) 2009 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

<荒筋>
 ウォルト(クリント・イーストウッド)は元フォードの組立工。朝鮮戦争従軍の経験があり今もライフルを磨く。妻を亡くし一人住まいだが、二人の息子は自分の事で精一杯で寄り付かない。かっての住民は引っ越してしまい、近所は家の手入れもろくにしないアジア系移民ばかり。ウォルトは全てが気に食わない。日課は庭の芝刈りとビールと、秘蔵のヴィンテージ・カーを磨く事。その愛車<グラン・トリノ>を盗もうとしたのは、隣家のモン族の少年タオで、不良に脅されてのことだった。タオを不良たちから助けた事から、隣家との付き合いが始まるが、不良たちの牙が今度はタオの姉に…。


 <舞台は、自動車産業の崩壊で街が壊滅的>になったデトロイト。日本車を売る息子が腹立たしいのは、ウォルトだけではなく仕事を奪われたこの地の人々の本心だろう。実際に、ビッグ3は窮地でも、トヨタのプリウスは大変な人気で、購入が順番待ちらしいのだ。お金がある層は、荒れた町からとっとと逃げ出し、安価になった市街地に移民が入って、治安が悪化しているのも現実の問題。車で通りぬけるのさえ危険になったと、この近くに住む知人が嘆くが、そんな世相と空気感が写っているのがこの映画のタイムリーな所だ。

 <一昔前の栄光の影もなく荒れていく街に住む老人の内面と外観を>、クリント・イーストウッドが見事に体現している。まるで彼にあて書きしたような一体感、この年でないと演じられないこんな役に巡り会えるとは、何て幸運な俳優か。
 <いかにも従軍経験がありそうな姿勢の良さ>に、実務を堅実にこなしてきた男の頑固さと保守的な偏狭さを漂わせて、肌の色の違うだらしないよそ者に眉をひそめる男…と、ウォルトは実に具体的だ。まぶしい時代があればあるだけ変化は辛い。静かで高潔だった街を変えていく異民族に眉をひそめるのは当然だ。彼の姿に移民を受け入れながらもそう簡単に融合はさせない、アメリカ社会の差別の根幹が見えてくる。決定的な優位に立ったアングロサクソン人の差別意識は強固なのだ。

gurantorino-m.jpg
(C) 2009 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

 <近所や家族との付き合いは>妻がしていた。寂しくても、今更沽券に関わるようなことは出来ないし、するつもりもない。空回りするプライドに邪魔され、さあ、どうやって人生の終盤を送ろうかと目標を見失っていたところに関わってきたのが、自分とは対照的にフレンドリーな一家だ。人口密集に慣れたアジア人は、異国の地でも濃い情の中で暮らすもの。祖母に母、姉と女ばかりの家でたった一人の男のタオは、学校へも行かず職も見つからず、フレンドリーさでは乗り越えられないこの国の壁にはじき飛ばされ、大人の入り口で躓いている。

 <そんなタオを悪仲間に引き入れようとする>従兄弟達。こうして弱者どうし落ちていくのかと、負の連鎖に心痛めたところを救うのがウォルトだ。タオの真面目さに次第に心を解して面倒を見始めるウォルト、ウォルトの頑固さの奥に優しさと男の美学を見つけるタオ。親子と言うより祖父と孫のような二人は不思議な感情で結ばれる。遠くの子供よりも身近な他人に生きがいを見出す所もよくある話だ。観客がウォルトとタオが開きつつある穏やかな未来に頬を緩ませていたら、物語は最後に大きな山場を迎える。 

 <もちろんここまでも充分に魅せるけれど>、この作品が本領を発揮するのはこれから。頑固さが痛ましいほどに、ウォルトは老いの一徹でタオたち兄弟を守ろうとする。しかも銃社会アメリカへのさり気無いアンチテーゼ。そのかっこよさと確たる死生観、ウォルトの物なのか演じる俳優の物なのか解らないままに、観客はアメリカ的父性を見せつけられることになるのだ。アメリカとは父性の国、クリント・イーストウッドは父性の俳優だとしみじみと思う。しかも人生観として、これを突きつけられたらもう後はない。クリント・イーストウッドが俳優人生をかけた渾身の老いた立ち姿、このかっこよさを観客の目に焼き付けてラスト作品にしたい気持ちがよく解る。

 <こんな風な人と人の触れ合いを通して>、移民社会アメリカの融合は少しづつ続いていくのだろう。クリント・イーストウッドの異国で暮らす少数民族への暖かい視線が心地いい。気が付くとタオに感情移入して彼の愛を受け止めていた。(犬塚芳美)

   この作品は全国で絶賛上映中

《お知らせ》
 <振り返ってみると>、映写室の1回目は「ミリオンダラー・ベイビー」でした。アカデミー賞の主要4部門を受賞し、世間が大絶賛したこの作品の結末に、映写室は異議を唱えたもの。クリント・イーストウッドが演じるのはいつも強い男、大変なことは自分一人で引き受け、女子供等、弱者は常に守る姿勢です。世代の差や受けた教育の差もあって、私の場合そこに少し違和感を持ってしまう。それは今回も一緒でした。(守られた者の悔恨はどうしてくれる? 女子供だって頑張れる、一緒に頑張らせて欲しい)と言うのが私論ですが、もちろんこれは理想論かもしれません。
 <200回目を初回と同じ感想と同じクリント・イーストウッド作品>で飾る事になりました。基本的な考えかたは変わってないみたい。意図したのではないのに、書き始めて気が付いたこの偶然は、筆者にとっても驚きです。でもこれも神の教示かもしれない。長らくご愛読いただきましたが、200回を機に少しお休みを頂き、更に充実するよう映写室の形を変えようと思います。今しばらくお待ちください。(ただしインタビュー記事は公開に合わせてアップを続けます)新装開店のその日まで、皆様ごきげんよう!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

200回おめでとうございます。さらなる充実した連載の再開を期待しています。

川瀬 | URL | 2009年04月29日(Wed)08:47 [EDIT]


こんにちは

毎回長い文章を200回も!お疲れ様でした。
新装開店の日を楽しみに待っています。

クリント・イーストウッドは、一番好きな俳優です。と言っても、他にあまり知らなくて。
青く澄んだ目にひかれ、『大統領の陰謀』ですっかりファンになりました。
あまり外国映画は見ないので、すべてを網羅しているわけではないのですが、唯一「好きだなあ」と名前を意識した俳優です。
私の中では吉田拓郎と並ぶ感じです。彼のライブもこの夏で終わり。
ファンだった人の現役最後は、寂しいです。私も、そういう年なんだなあ…。

大空の亀 | URL | 2009年04月29日(Wed)12:27 [EDIT]


ご苦労さまでした。

だいぶ疲れたことと思います。
特に『CINEMA,CINEMA,CINEMA』制作・発行と並行でやったここ半年余りは。

毎週決まった曜日に新作の紹介をするなんて、僕なら絶対できないし、続かないのはわかってるので、やろうとも思いません。
パワーがあるなあと思う。

ふなこし | URL | 2009年04月29日(Wed)20:36 [EDIT]


Re: タイトルなし

> 200回おめでとうございます。さらなる充実した連載の再開を期待しています。

川瀬さんのさり気無いお誘いからこんなに続きました。少し煮詰まってきたので、形を変えたいなあと思っていたところに、丁度200回目。しかも初回とシチュエーションが重なるという偶然もありました。休暇中に充電です。

犬塚 | URL | 2009年04月29日(Wed)20:47 [EDIT]


Re: こんにちは

> 毎回長い文章を200回も!お疲れ様でした。
> 新装開店の日を楽しみに待っています。
>
> クリント・イーストウッドは、一番好きな俳優です。と言っても、他にあまり知らなくて。
> 青く澄んだ目にひかれ、『大統領の陰謀』ですっかりファンになりました。
> あまり外国映画は見ないので、すべてを網羅しているわけではないのですが、唯一「好きだなあ」と名前を意識した俳優です。
> 私の中では吉田拓郎と並ぶ感じです。彼のライブもこの夏で終わり。
> ファンだった人の現役最後は、寂しいです。私も、そういう年なんだなあ…。

いつもはげましてくださってありがとう。この形には一度区切りをつけることにしました。
拓郎もいいけれど、クリント・イーストウッドの映画音楽も良いですよ。「硫黄島からの手紙」、「チェンジリング」の音楽もいいなあと思ったらそうだったし、音楽をご子息が担当したこの作品では、鼻歌調で軽く歌っています。作品を編集しながら音楽が沸いて来るのだとか。
彼の場合俳優業は最後でも、監督作品は続くだろうし、俳優引退は其方のパワーアップの為かもしれません。もっともこの作品を見ると、この渋さを皆がほおって置くとも思えない。年齢に相応しい良い作品があれば、再登場の可能性はあります。

拓郎はラストステージと明言したのでしょうか?聴こうと思えばいつでも、昔の歌声が頭の中でリフレインするので、やっぱり今のステージは見れなくて。私の中の拓郎は昔の拓郎のままです。・・・と言うファンもいるけど、大空の亀さんの様に、最後まで追っかけるのが正しいファン。CDに入っていたという特典が生きるといいですね。

犬塚 | URL | 2009年04月29日(Wed)21:02 [EDIT]


Re: ご苦労さまでした。

> だいぶ疲れたことと思います。
> 特に『CINEMA,CINEMA,CINEMA』制作・発行と並行でやったここ半年余りは。
>
> 毎週決まった曜日に新作の紹介をするなんて、僕なら絶対できないし、続かないのはわかってるので、やろうとも思いません。
> パワーがあるなあと思う。


映写室のインデックスをありがとうございます。本体が変化の激しいサイトで、何処に何があるのか見失いそうになるのがしばしば。色々助かりました。
疲れたと言うより、某新聞とかの他の媒体もだけれど、最近映画案内の形に疑問を持ち出して・・・。映画を観ない層にも読み物として関心を持ってもらえる形にしたいと思っていたのです。

毎週の紹介は、毎週だからやれたのかも。ただ今年になって超多忙で、アップはするけれど、くだらないものもあって反省しています。映画は大変なことがあると見ていても頭に入ってこない。今まで映画に集中できたのはそれなりに平穏な日々だったのだと、解りました。
「シネマテーブル」を長年続けている船越さんのパワーも凄いですよ。

犬塚 | URL | 2009年04月29日(Wed)21:14 [EDIT]


200回おめでとうございます

見逃している色々な映画をここで知りました。ありがとう。どんな形の再開か楽しみです。まずはゆっくり休暇を楽しんでください。

K.T | URL | 2009年04月29日(Wed)21:25 [EDIT]


Re: 200回おめでとうございます

> 見逃している色々な映画をここで知りました。ありがとう。どんな形の再開か楽しみです。まずはゆっくり休暇を楽しんでください。

・・・と、あまり変らなかったらどうしようかと、少しプレッシャーが。
映画を観ない人にも読みやすい読み物にしたいと思っています。

犬塚 | URL | 2009年04月29日(Wed)21:28 [EDIT]


又続けて下さい

インタビュー記事が丁寧でボリュームがあって楽しみに読んでいます。ぜひ続けてくださいね。

素浪人 | URL | 2009年04月30日(Thu)21:30 [EDIT]


Re: 又続けて下さい

> インタビュー記事が丁寧でボリュームがあって楽しみに読んでいます。ぜひ続けてくださいね。

ありがとうございます。もっと纏めようかと思うときもあるのですが、そういう記事は他にもあるので、お会いしてワクワクしたままにその場の空気感を伝えたくて、こんな形にしています。もうすぐ公開の作品もインタビューを頂いているので、アップします。よろしく!

犬塚 | URL | 2009年04月30日(Thu)21:33 [EDIT]


 おつかれさまでした

200もの映画の紹介、ありがとうございました。

個人的な楽しみで、子ども会のために、子どもと楽しむために、夫や友人と楽しむために・・・いろんな形で映画館に足を運ぶときの手がかりにさせていただいてました。
時間があわなくって、スクリーンで観られなかったものもたくさんあり残念だったりもしました。


新装開店、心待ちにしています♪
 

kimico | URL | 2009年05月02日(Sat)10:08 [EDIT]


勘違い

前回のコメントで、「クリント・イーストウッドは、一番好きな俳優です。」と書きましたが、「私の一番好きな俳優は、ロバート・レッドフォードです」。すっかり勘違いして書いていました。この頃こういうボケが多くって。ごめんなさい。気になったので、とりあえず訂正のみ。

大空の亀 | URL | 2009年05月02日(Sat)19:07 [EDIT]


Re:  おつかれさまでした

> 200もの映画の紹介、ありがとうございました。
>
> 個人的な楽しみで、子ども会のために、子どもと楽しむために、夫や友人と楽しむために・・・いろんな形で映画館に足を運ぶときの手がかりにさせていただいてました。
> 時間があわなくって、スクリーンで観られなかったものもたくさんあり残念だったりもしました。
>
>
> 新装開店、心待ちにしています♪

いつも温かいお言葉ありがとうございます。kimicoさんの所はお子さん達も映画好きで、家族でのお話も楽しみですね。我が家は仕事が一段落した夫が、映画空白期間を埋めるように、この5日間ほどの間に観れる映画は全部見るのだとか。 連日3本立てをこなしています。公開時でなくても読めるもの、映画を見ない人でも興味を持って読めるエッセイへのシフトを考えています。またよろしく!

犬塚 | URL | 2009年05月03日(Sun)11:58 [EDIT]


Re: 勘違い

> 前回のコメントで、「クリント・イーストウッドは、一番好きな俳優です。」と書きましたが、「私の一番好きな俳優は、ロバート・レッドフォードです」。すっかり勘違いして書いていました。この頃こういうボケが多くって。ごめんなさい。気になったので、とりあえず訂正のみ。

やっぱり!大空の亀さんのイメージと違うし「大統領の陰謀」は確か・・・?と思っていたのですが、実は私もこの頃脳ドッグで検査を受けようかと思うほど、物忘れが激しくて、自信がなくて・・・。頑張ってはいても色々な所に歳の影響が出てきますね。でもそれはきっと新しい知識が一杯入ってくるから、これからも貪欲に生きろと言う事だと思うことにしています。
先日整体中に、先生がある映画の題名を私に聞こうとするのだけれど、その時はすぐ言えなくて。2,3時間後にシャーリーズ・セロンの「スタンドアップ」だったと思い出しました。そんな意味でもこの映画良いですよ。今連日3本くらい梯子している夫の一押しです。

犬塚 | URL | 2009年05月03日(Sun)12:08 [EDIT]


再会を楽しみにしています。

通りすがり | URL | 2009年05月05日(Tue)10:16 [EDIT]


Re: タイトルなし

> 再会を楽しみにしています。

インタビュー記事はアップ続けますのでよろしくお願いいたします。

犬塚 | URL | 2009年05月05日(Tue)21:36 [EDIT]


再開・再会お待ちしています

久々のコメントですが、いつも楽しく読まさせていただいています。200号おめでとうございます。
イーストウッド作品は(全部見ていないのですが)、世間が何かと絶賛するだけについ、眉唾してしまう癖がついている私ですが、
こちらの映写室を読んでしまったからには、ぜひ自分の目で見てみたい(しかも記念の200号とあればなお)…。
よしっ!今から見に行ってきます!

ayako | URL | 2009年05月06日(Wed)11:19 [EDIT]


Re: 再開・再会お待ちしています

> 久々のコメントですが、いつも楽しく読まさせていただいています。200号おめでとうございます。
> イーストウッド作品は(全部見ていないのですが)、世間が何かと絶賛するだけについ、眉唾してしまう癖がついている私ですが、
> こちらの映写室を読んでしまったからには、ぜひ自分の目で見てみたい(しかも記念の200号とあればなお)…。
> よしっ!今から見に行ってきます!

え、本当に行かれたのかしら?
実は私もあまりの絶賛には眉唾するほうで、躊躇している間に見逃してしまうことがあります。でもこれは、ぜひ見て欲しい作品。かっこよ過ぎて異論反論もあるけれど、クリント・イーストウッドの渋い歌声を聞き逃さないで!

犬塚 | URL | 2009年05月06日(Wed)20:08 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。