太秦からの映画便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映写室 「あがた森魚 ややデラックス」あがた森魚さんインタビュー(前編)

映写室 「あがた森魚 ややデラックス」あがた森魚さんインタビュー(前編)  
 ―「惑星漂流60周年!」ツアーに密着して―

<このドキュメンタリーは>、今年還暦になったあがた森魚さんが、「惑星漂流60周年!」と題して、全国70箇所近くを廻るツアーに同行して撮影したもの。ドキュメンタリー作家の森達也さんの監修のもと、新鋭の女流監督・竹藤佳世さんが手がけています。小さい会場の夜もあれば、かってのバンド仲間や、矢野顕子さん、緑魔子さんという豪華ゲストを加えて敢行された、九段会館での大掛かりなファイナルイベントの夜もある。北から南まで、1台のキャンピングカーでの暴走ツアーが続きました。
 <全編に溢れるあがた森魚さんの姿>、旅の日々や音楽の素敵さと共に、ものを生み出すことにこだわり続ける人生の壮絶さ、過去を捨てず、かつ時代を捕まえ続ける事の過酷さも見えてきます。素敵であればあるだけ、凡人には決して出来ないそんな生き方を続ける人の過酷さが身に染みました。それでも前に進む姿に同世代人として元気をもらえます。コンサート前のお忙しい時間を割き、あがた森魚さんにお話を伺いました。

agata.jpg
(11月2日 京都造形大学にて)

<あがた森魚さんインタビュー>
―デラックスの前に(やや)が付くという絶妙な題名ですが、どなたがお付けになったんでしょうか?
あがた森魚さん(以下敬称略):このドキュメンタリーを作った竹藤監督です。僕は毎月の活動を60分位に纏めた月間映画のようなものを作っていて、「それのややデラックスなようなもんか」と言ったら、監督がそれを題名にしようと言いました。
―え、そうなんですか? 私はあがたさんの生き方を示唆されているのかと思いましたが。あがたさん流のこだわりの生き方って、私から見ると充分デラックスなんだけれど、世間一般の常識で言うとそれをデラックスと言うかどうかは解らない。そんな意味かと思いました。
あがた:それもありますね。この中でも映っているように、「北斗星」という寝台車に乗って東京から北海道まで行くんだけれど、ああいうのもデラックスと言えばデラックスですよね。飛行機に乗れば1.2時間の距離を、わざわざ一晩かけて行く必要があるかどうか。でも地上を旅して歩くと、日常の佇まいや暮らし、日本の色々な景色が見えてくる。学生時代は、上野から急行に乗って、物凄い時間をかけて北海道の実家に帰っていました。木の硬い椅子だから眠れなくて、うとうとしながら東北地方を明け方の薄暗い頃通るんだけど、枯れ草を燃やしていたりとか、あの辺の景色に日本の素朴な生活が見えて、とても良い時間だったんだよね。だんだん夜が明けてきて、薄紫に煙る情景が綺麗なんだよなあ。そんなのを見ようと思ったら、新幹線で行っても駄目。夜行列車で行かないと駄目なんだよ。

agata-1.jpg
(c)Transformer,Inc.

―私もそれを見たくて、学生時代の帰省は必ず夜行列車を使っていたので、よく解ります。時間と体力がありましたから。
あがた:そう、時間と体力が一杯あってお金がないから出来る事だよね。テレビ的なメディアではそういうのを紹介しない。その旅自体も贅沢なんだけれど、そういうのを自分で見つけるという贅沢さって良いよね。そういうの、もっと体感して欲しいと思うね。古書の魅力とかもそうで、リアルタイムにあるものもいいけれど、20年、30年後にも読まれる、時代の中を生き残ったもの。20世紀のものが21世紀に伝わっていることの贅沢さを知って欲しいよね。

―あがたさんを拝見すると、自分のペースで時間を流しているというか、時を止めたり早送りしたりと、一般的な時の流れを超越している気がしますが。
あがた:え、どうしてそう思うの?
―どうしてって、体が体現してますよね?(周りのスタッフに同意を求める)
あがた:凄い勢いで走る事と、ゆっくりとした空気を吸って景色を見ながら道草する、この両方がないと、ややにも、デラックスにもならないよね。1日24時間である事と、48時間かかる事を両方受け入れて、騙し騙し、矛盾だらけだけれど生きている。物凄い勢いで1時間を30分に付きつめようとしたりと、四苦八苦してるね。これって、20世紀の僕が21世紀に歌っている贅沢さだよね。時代の力って凄いんだよ。赤色エレジーだって、僕が作ったんではあるけれど、時代に呼び寄せられて作ったとも言えるからね。(聞き手:犬塚芳美)
          <明日に続く>

この作品は、11月28日(土)より、第七藝術劇場(06-6302-2073)で上映
       2010年春、京都シネマでも上映予定
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ローラーガールズ。ダイアリー

映画 ローラーガールズ。ダイアリー 5月 始まり ます よかったら 見てくらさい  私は ローラスケートれ 東京-沖縄 24かん 東京-北海道 稚内そやみさき 17かん じゅらん しました 2011 4月ごろ沖縄県 一私有 する予定です もくひよう は ロサンゼルス ― 二ユーヨーク じゆらん です 古堅 勇 zorro136gen@docomo.ne.jp
090-8947-2144

東京ボーンバス49古堅 勇 | URL | 2010年05月20日(Thu)10:19 [EDIT]


Re: ローラーガールズ。ダイアリー

> 映画 ローラーガールズ。ダイアリー 5月 始まり ます よかったら 見てくらさい  
ドリュー・バリモアの初監督作品、映画界は日本だけでなく世界中で2世、3世の時代。しかも俳優行に飽き足らず、制作、監督と活躍の場を広げますね。

犬塚 | URL | 2010年05月24日(Mon)00:14 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012年02月09日(Thu)22:35 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013年02月11日(Mon)21:23 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。