太秦からの映画便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映写室「テレビに挑戦した男牛山純一」上映案内

映写室「テレビに挑戦した男牛山純一」上映案内  
―草創期のテレビを舞台に、2400本のドキュメンタリーを制作した男―

<テレビ関係者の間に>伝説のように語り継がれる男、牛山純一。民法ドキュメンタリーの草分けと言われる「ノンフィクション劇場」のプロデューサーで、映画人と積極的に交流した男だ。ベトナム戦争を取材し、放送中止事件を起こした男でもある。そういう男、牛山純一の仕事ぶりが、彼と交流のあった関係者22人の証言で浮かび上がった。それは牛山純一の記憶であるばかりでなく、草創期のテレビが切り取った時代の検証でもある。

terebi.jpg
(C)2011 NPO法人映画美学校+牛山純一研究会

<誰もの懐かしそうなまなざし>、牛山を語りながら、良くも悪くも生き生きと蠢いていた時代の記憶、その中を動き回った自分たちの記憶でもあった。ベトナム戦争や、今の天皇、当時は皇太子の御成婚報道と、あの頃は特別に時代が蠢いていたのだろうか。いや、今だって時代は動いている。経済だけ見ても、崩壊しそうなヨーロッパ経済、バブルの様相で崩壊の危機をはらみつつ巨大化するアジアマーケット、その狭間で右往左往し方向を見失っている日本経済。それはそのままエネルギー政策にも見て取れる。誰もが大きな時代の変貌を感じながら、私たちの時代、今のテレビ人や報道陣に、牛山のような切り口を見つけられるものがおらず、大きなうねりを見落としているようにも思う。いや、皆、大きな変貌は口にする。しかし、それを鮮やかに見せつける、何かをつかみきれていない。

<新聞記者を志しながら>叶わず、53年に第1期生として日本テレビに入社した牛山純一。テレビの可能性に挑み、多くの仲間を巻き込み、新しい世界を作った男。
この作品は、もともと故佐藤真さんが企画したものだ。佐藤さんの死で一度は頓挫しかけたが、かっての教え子たちの地道な努力で、10年近い歳月をかけ、完成にこぎつけた。佐藤さんは牛山純一を検証して、何を見出したかったのだろう。映画美学校の教え子たちだけでなく、物を作り人たちへの喚起の呼びかけのようにも思う。牛山のいない今、この蠢く今が、後世にどう伝わるのかと、ふと考えたりもする。

<佐藤真さんは>「テレビもいずれインターネットなど、ニューメディアに凌駕され、旧態をさらす日が来るだろう。その時、テレビは再び、作家性を前面に出し、実験的で野心的な作品を受容できるだろうか。草創期の優れたテレビ作品に学ぶ意味がそこにあると思う」と言う。勿論それは、ニューメディアに向けられた言葉でもあるのだ。メディアの如何ではなく、私たちは一番大切な、時代を読み解く切り口を見失っている気がする。(犬塚芳美)

この作品は、十三、シアターセブンにて上映
6/30(土)~7/6(金)連日12:40~
6/30(土)北小路隆志氏、7/1(日)隅井孝雄氏をゲストに、
畠山容平監督のトークショーがあります。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012年07月02日(Mon)15:59 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012年07月09日(Mon)14:41 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。