太秦からの映画便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「破損した脳、感じる心―高次脳機能障害のリハビリ家族学」メディア情報

「破損した脳、感じる心―高次脳機能障害のリハビリ家族学」メディア情報 
 ―大阪日日新聞 9月24日“潮騒”より―

 9月24日、大阪日日新聞の“潮騒”で、「破損した脳、感じる心―高次脳機能障害のリハビリ家族学」が取り上げられました。以下に転記します。

試写室や映画の取材でよく一緒になることがあるデザイナーの犬塚芳美さんが、このほど「破損した脳、感じる心 高次脳機能障害のリハビリ家族学」(亜紀書房、1600円+税)を出版した。酔って後頭部を強打し生死の境をさまよった夫の介護記である。

◆京都の映画人である夫君が、2年前に九死に一生を得て、壮絶なリハビリから退院し、自宅に戻るまでを妻の立場から「祈る」思いで綴った記録。医師、看護師や親戚、友人らの支援もあるが、唯一無二の存在とはこのことだろう。

◆一般に脳疾患の病気は怖いと言われるが、いつどこで躓いて転び、そうなるか分からない。それはまさかの「坂」であったと筆者も述懐し、時計の針をそれ以前に戻したいとつぶやく言葉は痛切である。

◆しかし彼女の絶望は一時的なもので、ほとんど前向きで自己流リハビリ術を駆使して、患者の心の回復を促進していく。特に俳句作りや塗り絵、散歩で思い出の場所を巡り、落語、ライブ、映画鑑賞などと大胆。「夫の正常性を疑わなかった」
◆臨死体験を経て「拉致されていたような気がする」と患者が事故から2年たって述懐。「身体が動かず、右も左もわからなかったが、ただ自分は無邪気に治ると思っていた」と当事者がつづった文章が穂っこ利している。夫君の生命力も感動的である。

(2012年9月24日 大阪日日新聞 “潮騒”より転記)

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。