太秦からの映画便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映写室 追悼・若松孝二監督の思い出

映写室 追悼・若松孝二監督の思い出 
―サングラスに隠したシャイな瞳―

 <この春>「海燕ホテル・ブルー」と「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」という新作を引っさげて、関西キャンペーンにいらした若松孝二監督。着込んで体の一部になったようなジーンとスニーカー、ヨレッとしたシャツにベストを重ね、襟元には無造作にマフラーを巻き込み、好奇心旺盛なきょろきょろ動く瞳を隠すような黒いサングラスだった。以前の取材でもそんなスタイルが写っているから、多分監督の定番ファッションなのだろう。寒くなるとそこに革ジャンが加わる。そういう姿が目を閉じると自然に浮かんでくる。全身で若松孝二を体現している監督だった。
 <この日は主演男優を加えて>の合同会見だった。台上まで少し距離があり、それぞれへの遠慮もあって、直ぐには皆から質問が出ない。そんな様子を見た監督が、丸っこい体でニコニコ取材陣を見回し、さあ何処からでもかかってこいと言うように、作風とはまるで違う人懐っこい雰囲気をかもし出してくださる。隣の男優さんが緊張しているのとは対照的だ。

 <以前、「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」>のキャンペーンの後、監督を囲む飲み会に出た時も、同じような感じだった。始めてこんな席でご一緒する私にも、まるで旧知の間柄のような打ち解けた顔を向けてくださった。狭いテーブルを挟んだ皆との雑談がことのほか嬉しいようで、この映画の資金集めの苦労、お嬢さんからも借りたこと、「無一文になっても、色々な人が“お酒くらい飲ましてやる”というから、それでいいよ」と、自分の別荘まで撮影で爆破した捨て身の状態を、話された。監督はいつも自然体、脱力の人だ。場所や相手によって態度が変わることはない。これこそが反体制、反権力の本来の姿で、監督の作風にもなっていると思う。

 <ピンク映画と強面で一世を風靡した若松監督は>、私には遠い世界だった。ピンクを隠れ蓑に、どんなメッセージを忍び込ませていようと、男子の世界には違いがなく、敬遠していたのだ。
だから私が始めてみた若松作品は「17歳の風景 少年は何を見たのか」だった。大好きな母親を金属バッドで殴り殺して、自転車で北国を目指した少年の物語だ。発生当時マスコミをにぎわした事件も、次第に風化していったが、私はなぜかこの事件を忘れられなかった。事件の根底や少年の孤独に、現代社会の閉塞感だけでなく、私の中に潜む何かを嗅ぎ取っていたような気がする。

 <そんな題材を>、あの若松孝二が撮ったのかと、驚きと好奇心で見て以来のファンだ。いまだに私の一番好きな若松作品で、少年の孤独と絶望、心の中にぽっかりとあいた空洞、少年を追い詰めた社会の残酷さが、ひしひしと伝わってきた。この時監督は67歳だ。偉大な監督に失礼な感想だけれど、67歳で思春期の感情をここまでリアルに描ける監督がどれほどいるだろう。監督の中に永遠の少年がいるとしか思えない。

 <その後から、快進撃が始まる> 大ヒットした「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」、「キャタビラー」と続いて、「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」では、「実録・・・」とは対照的な、右よりの、しかし同時代の、国を憂う若者の事件を描いた。
 <ピンク映画の中に>自分の社会的なメッセージをこめてきた監督が、やっと、正面切って、自分のメッセージを押し出せる土壌を得たのだ。しかし、「キャタビラー」は別として、歴史的な事件を題材にした後の2作品には、監督の思いを曖昧なままにしている。分からないことは分からないままに提示して、後は観客に任せる手法。無理やり結論を導こうとしない思い切りの良さも作風といえる。それをずるいと思ったこともあるが、若松監督の目的はそういう事件を解説することではなく、そういう事件に駆り立てられた若者自身、若者の焦燥感を描くことなのだろう。そこにこそ共感していたのだと、今気が付いた。
「彼らは何が目的だったのでしょう?」、「三島は本気だったのでしょうか?」という質問に、「色々考えたけど分からなかったねえ」と、答えてくださった。目的を見失いながらも、死に急ぐように生きた若者たち。若者が私利私欲もなく、純粋な目で未来を見据え、何とか世の中をよくしようと世の中を憂う。そういう若者に、監督は若い頃の自分自身を見ていた気がする。

 <ところで>、この時の話で印象深いのは「実は体のあちこちが悪いんですよ。癌になって何回も切っているしね。撮影中は気力で乗り切るけど、もう体はがたがたでねえ。この撮影中にも実は一度倒れている。でもまだまだ死ぬわけにはいかない。撮りたいものがあるからなあ。この歳になると、食べるものにも大して興味がないし、一番やりたいことが映画を撮ることなんだ。こんな楽しいことってないよ。こう見えて僕は案外人見知りだから、次の作品も今まで出会った、気心の知れた人たちと作りたい」という監督の隣で、「監督の現場は辛い。役者をどんどん追い詰めていく。極限で出てくるものを要求する演出法です。1作終わったらもうくたくたで、今はまだ次のことまで考えられない」と困惑した主演俳優。

 <あっけない最期で>永遠にその機会をなくした今、誰もが極限を求められた監督の現場を渇望しているだろう。でも若松監督に長患いは似合わない。この最期も、らしいのだ。意識不明のまま亡くなられたとのことだが、我が家の夫のように、頭を打ったのだろうか。少ししたらリハビリの参考に「破損した脳、感じる心」を送ろうと思っていたのだけれど、それもかなわなかった。しきりに監督を思い出す秋の夜長です。(犬塚芳美)
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013年02月02日(Sat)18:43 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。