太秦からの映画便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映写室 「ある精肉店のはなし」纐纈あや監督インタビュー

映写室 「ある精肉店のはなし」纐纈あや監督インタビュー
―牛の飼育からと蓄解体までを行う肉屋さん―

人は、動物であれ植物であれ、他者の命を食べて初めて生きながらえる。その人間の命を支える仕事の一つに、牛をさばき家庭に届けると畜、精肉店の営みがある。とある精肉店は、牛の飼育から始まってと蓄解体までを行い、牛の命と全身全霊で向き合う。今どき珍しくなった家族4世代の食卓風景も圧巻です。纐纈あや監督に撮影秘話等を伺いました。

seiniku_001main.jpg
映画『ある精肉店のはなし』より

<纐纈あや監督インタビュー>
―凄い一家がいるのですね。感動しました。
纐纈あや監督(以下敬称略):本当に凄い一家です。こういう方々に巡り合えたのは幸せでした。
―どのようにして知り合われたのですか?
纐纈:出会いは偶然なのです。映画にも出てきますが、この町のと蓄場の閉鎖が決まり、知り合いの学校の先生が発起人となってと蓄の見学会を企画しました。ナイフ1本で解体しているのは今や国内ではほとんど見ることができない、貴重な技術です。2011年の10月のことで、私も参加しました。その時には、まだ映画化までは考えてなかったけれど、解体作業の技術を記録に残すために撮影させて欲しいとお願いしました。北出さんたちも七代続いてきたと蓄の仕事が終わるので、記録にしておきたいという思いもあったようです。見学会が終わって、北出の皆さんに色々話を伺ったのですが、父親のことを話し出すともう止まらない。その様子から既にこの世にはいないお父さんのことにとても興味を持ちました。この一家をもっと知りたいと思い、映画を作りたいとお願いしました。

―でも、関東の監督に貝塚は遠いですよね。
纐纈:そうですね。私の初作品の「祝の島」も山口県の離島が舞台で日帰りができない所でしたから、遠いのには慣れています。映像ってまずその場所にいることが仕事です。to東京から通っているだけでは、微妙な雰囲気が掴めない。まずはここにいようと、近くに部屋を借り、1年間半そこに寝泊りして生活しました。と蓄場の仕事だけでなく、北出さんの暮らしを撮りたい、でも何を撮ったら暮らしが見えてくるのか、手探りから始まりました。家族の関係性や、地域とのつながり、毎日どんな風に過ごしているのか、できるだけその場にいさせてもらって、一家の生活を見させていただきました。こういうことをするので、映画を作るのは、とにかく普段から体力と気力、そして根気がないと出来ません。

―1年半カメラを回したと?
纐纈:期間としては1年半ですが、その間ずっとカメラを回していたわけではありません。1回の撮影は1週間位です。間をおいてはそれを繰り返すわけで、カメラを回す以外の時間がかなり重要だと思っています。カメラがあるとどうしても緊張してしまうので、撮影隊がいることが当たり前になるような時間を積み重ねていけるのかがだと思っています。
―なるほど。撮影で大変だったことは?
纐纈:と蓄や精肉作業などの仕事振りは、その姿や手の動きや、話す仕草などに現れますが、過去の時間を表現することがとても難しいことでした。もう父親はいない。でも、この一家の根幹は父親だと感じていたのでそこは大事にしたい。兄弟の話す父親の思い出話から、観客の皆さんに想像していただければと思います。

―そういう意味でも成功されているのでは? 父親像を濃密に感じました。
纐纈:ありがとうございます。北出さんご家族の日々の暮らしを通して、と蓄の仕事もきちんと見ていただきたいと思いました。暮らしを支える大切な仕事として描きたかったのです。作業を従事する人々を特別な人と捉えたり、特別な場所と捉えたりしないでいただきたいなあと。父親は、被差別部落ゆえのいわれなき差別を受けてきました。兄弟はそういう父の姿から、差別のない社会にしたいと、地域の仲間と共に部落解放運動に参加し、いつしか自分たちの意識も変化し、地域や家族も変わっていきました。

―そういう屈折したものをまるで感じさせません。まるで手品のように見事に牛を裁いていく手元、無駄な動きがなくて、ただただ見惚れました。体に染み付いた職人技だと思います。刃物を持った男性の動きだけでなく、洗ったり分けたりする女性の動きも滑らかで、動作の一つ一つが美しい。そういう意味では熟練した特別な人たちの特別な仕事でした。お肉になってもこんな風に大切に扱われて、幸せな牛たちです。もし私が牛だったら、ここで処理されてお肉になりたい。
纐纈:そうですよね。実際に北出のお肉はとっても美味しいんです。肉を知り尽くした一職人として、それぞれの肉質を見極め、最良の状態でお客様に提供する。北出のお肉を食べた時に、あまりの美味しさに、今まで自分の食べていたものはなんだったのかとびっくりしました。

seiniku_002s.jpg
映画『ある精肉店のはなし』より

―私もこの映画を見て、お肉を食べたくなりました。お肉が美しいですよね。それに牛一頭余すところなく、あらゆる部位を食し使うのも凄い。見事です。たとえ命が尽きたとしても牛冥利に尽きるというものでは。
纐纈:本当にそうですよね。と蓄場がなくなって牛の飼育をやめた次男の昭さんが、牛の皮を使って太鼓作りを始めたのも、昭さんなりに牛との付合いを続けいくあらわれなのではないかと思ったりしました。

―お祭りの風景も新鮮でした。京都に住んでいるので、お祭りというと雅なものを思い出しますが、ここのお祭りは雄大で勢いがあって驚きました。それに単に行列を眺めるものではなく、町の人々にとってお祭りは参加するものなのですね。立派なだんじり、お揃いの衣装、新調した大太鼓。お金もかかっています。おみこし等の担ぎ手がなくて車で運ぶところまで出てるというのに、ここの皆さんのお祭りにかける並々ならぬ意気込みを感じました。
纐纈:昔、この地域のだんじりが貧弱だと言われて悔しい思いをし、貧しい暮らしをしながらも切り詰めてお金を貯め、地域一番のだんじりを作ったんです。あのだんじりは、この地域の皆の誇りなんですよ。

―この作品でもうひとつ印象的なのが、温かく賑やかな食事風景です。今どき珍しい大家族での食事、食べることでも家族がつながっているのだなあと思いました。こういう環境にいたら、引きこもりや鬱という現代人の悩みは起こらないでしょうね。
纐纈:土間続きに食堂があって、何かというと家族みんながそこに集まるんです。ご飯は誰がきてもいいようにいつも少し余分に作っているから、「なんかある?」っていう感じで、子や孫がやってくる。私もよくお邪魔しました。
―切り口の多い作品ですね。色々な視点で見ることが出来ます。社会問題を含みながらそれにも振り切らず、と蓄解体、食の問題、家族問題、でも一番印象に残るのは皆さんの笑顔と鮮やかな手さばき、つまり生き方でした。まさに「ある精肉店のはなし」だなあと、納得しました。いつか元気の出ない時には、北出商店に行きたいなあと思います。何も話さなくても、笑顔で美味しいお肉を渡してもらうだけで、悩みなど吹き飛びそうですから。                           (聞き手:犬塚芳美)

<インタビュー後記:犬塚> 
昔、師匠から映画監督を薦められたとき、自分にはそんな特別なことは出来ないと思ったそうです。でも、考えてみると、被写体と映す人との関係性が映像にあらわれる。自分と被写体の関係は唯一のものだ。自分がその人と関わって、もっと知りたいとか、素敵とか思うのだったら、それは自分固有のものだから、自分にも出来るのではないかと思ったそうです。お若いのに、地に足のついた制作姿勢、お話にも色々と納得させられました。骨太な監督だと思います。

この作品は、12月7日(土)~12月27日(金)、第七芸術劇場で上映。
時間等は劇場(06-6302-2073)まで。

なお、1月11日から神戸アートビレッジセンター 、順次京都シネマ にて公開。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014年07月18日(Fri)04:26 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014年07月20日(Sun)12:31 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。