太秦からの映画便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映写室 「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」舞台挨拶レポート

映写室 「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」舞台挨拶レポート   
  ―押井守監督、西尾鉄也作画監督、加瀬亮さん― 

 若い世代に圧倒的な人気を誇る、森博嗣原作の「スカイ・クロラ」シリーズが、押井守監督によって映画化になりました。押井監督は「マトリックス」のウォシャウスキー兄弟等世界中の映画人に影響を与えた、日本の誇るアニメーション映画監督です。「キルドレ」という不思議な存在に吹き替えで命を吹き込んだのは、「バベル」でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた菊池凛子さんや、「それでもボクはやっていない」で去年の映画賞を総なめにした加瀬亮さんという、若手のそうそうたるメンバー。7月7日(月)御堂会館での試写に先立つ、押井守監督、キャラクターデザインをされた西尾鉄也作画監督、加瀬亮さんの舞台挨拶のレポートです。

sukai-ka.jpg
(7月7日大阪にて)

<その前に、「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」とはこんなお話> 
 舞台は仮初めの平和が訪れた今とよく似た時代。平和を実感する為にショーとしての戦争が行われ、「キルドレ」という思春期の姿のまま永遠を生きる子供たちが戦う。カンナミ(声・加瀬亮)が欧州の前線基地「兎離州(ウリス)」に配属され、スイト(声・菊池凛子)たちに迎えられる。カンナミは飛行機の操縦と、自分が「キルドレ」と言う以外何も記憶が無い。同僚は意味ありげな目を向けても何も語らなかった。

<押井守監督、西尾鉄也作画監督、加瀬亮さん舞台挨拶>

加瀬亮さんの、「函南優一の声の加瀬亮です。ゆっくり映画を楽しんでください」と言う挨拶で始まった。
加瀬亮さん(以下加瀬):声優初挑戦は、何から何まで勝手が違って大変で、監督たちからしつこいと言われました。いつもは体を使って正解を探していくのに、マイクの前でじっとしているのは窮屈でした。後ろにいた監督によく体が動いていたと言われました。
押井守監督(以下押井):本当はノイズが入るから体を動かすのは止めて欲しいんですが、よく動くんですよ。彼の場合はもがいていると言うか、苦しそうでした。でも無意味な動きはどんどん少なくなり、空を飛ぶシーンで(くぐもった声を採るために)マスクをすると、自信が出てきたのがわかる。俳優さんは物があると変わるんだなあと思いました。
加瀬:地上の何気ないシーンとかは、距離感が掴めず戸惑いました。

sukai-osii.jpg
(7月7日大阪にて)

押井:俳優としての加瀬さんは、しつこくてなかなか納得しない疑問の多い人です。彼の場合お腹の中に演出家がいて、その人が納得するまで迷うタイプみたいですね。
加瀬:途中では迷いましたが、出来上がった今は納得しました。不思議な物語ですが、今の時代に励ましになる作品です。
西尾鉄也作画監督(以下西尾):僕は絵のデザインですが、完成して声が入ると(ああ、こんな人間だったのだ)と、自分の書いた絵のイメージが具体的になる。最後の一筆を俳優さんたちが入れてくれました。ポーランドのロケハンに20日以上行ったんですが、ポーランドに入ったとたん、いつもは物静かな監督のテンションが一気に上がって皆びっくりしましたね。
押井:はしゃいだつもりは無いけれど、以前そこに4ヶ月いて映画を作ったので、懐かしい気分になったんです。僕は向こうにいるほうが生き生きしているかもしれませんね。2ヶ月以上ロケハンで一緒にいて、これから2年間一緒に映画を作るんだと言う覚悟が出来ました。この作品のテーマは言葉にすると簡単だけど、言葉にすると何か違ってしまうそんな事です。生きるとはどんな事かと言う本が一杯出ているが、人生は如何に生きるかではなく如何に耐えるかだと思う。50年間生きてきた自分の思いを込めました。

sukai-nisi.jpg
(7月7日大阪にて)

西尾:自分も何時までたっても子供っぽくチルドレのようなものです。劇中チルドレが立派な大人になりたいかと聞かれるせりふがあるが、僕も早く大人になりたいと思う。
加瀬:ボクはその役を演じて実感をもって理解しました。どこか大人に成り切れないというのは、年齢に限らなくて今の多くの人に当てはまるのではと思います。吹き替えなので2日間の参加でしたが、早く年齢を重ねて大人になりたいと思いました。
押井:大人になると楽になります。若いころにあった、こう見られたい、こうありたいという自分への過大な要求が消えて、等身大になるというか色々な事を諦められる。それが大人です。ボクは2度と再び子供にはなりたくありませんね。
加瀬:監督が始めて真っ直ぐに伝える物がありますので、ぜひご覧下さい。

<レポート後記:犬塚芳美>
 このアニメーションは動きを表すコマ数が少なく、色調も抑えていて、アニメだと思ってみると戸惑うような静かな世界観を持っています。絵もセリフも無駄な物が一切ない、選び抜かれた必要最低限で成り立たせているわけです。そんな作品を作った方たちだけに、舞台でのやり取りもある種哲学的、知識で膨らませていただかないと解りにくいかもしれません。ぜひ映画をご覧になった後でもう一度この舞台挨拶を読んで下さい。この作品のポイントは「キルドレ」、其処に監督の思いの総てがこもっているようだと、改めて思いました。

   この作品は、8月2日(土)より全国でロードショー
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは

十代の子どもたちが見たいアニメだろうなと、原作もチェックしていました。
この映画、声優さんも監督さんも興味があり、見たいと思っています。

「ポニョ」も見たいけど、今時の子に聞くと、「ジブリはおじさん好み」というイメージだそうです。なんか寂しいなあ。
どうやら、おじさんおばさんが子どもに見せたいジブリと、子どもたちがすすんで見たいアニメには、差があるようです。
明らかに20年前と違ってきています。(読みたい本も同様に)。

大空の亀 | URL | 2008年07月30日(Wed)22:57 [EDIT]


声優も見事です!

う~ん、10代ですか。(と、ここでしばしキーボードが止まって動かなくなりました)原作を読んでいないので解らないけれど、アニメだけで言うと、キルドレの悲劇性を黙って見つめるかなり人生を見てきた大人、登場するサブキャラクターの視点(整備士とか、酒場の小父さんとか)を感じました。押井監督の視点がそうなのでしょうね。生きるとは絶えることと、言い切る監督。この作品凄く好きなのです。劇場でもう一度見ると思う。作品評を会見レポートに続けて書きたかったのに、受け取った物や感動が胸の中でもやもやして、言葉にならず書ききれなかった。そのもやもやこそが、なにやら人生の本質のようで感動を呼びました。
品性を感じる作品です。押井監督これに精魂を込めたんじゃあないかなあ。ぜひ劇場で!

犬塚 | URL | 2008年07月31日(Thu)00:33 [EDIT]


夏休み♪

おひさしぶりです。

「夏休みに観たい映画は何?」と子ども達にたずねたところ・・・
中学2年長男「スカイ・クロラ か ポニョ」
小学2年次男「ポケモン と ポニョ」
・・・だそうです。

スカイ・クロラ?
勉強不足でまったく知らなかったので、子どもの情報収集力にびっくり。
いかにも、わが子たちが好きになりそうな話ですね。

>アニメだと思ってみると戸惑うような静かな世界観

とっても気になります。
味わってきたいと思います。


前に「あらしのよるに」を観て涙していた子どもたちが、あれから少し成長して、ちょっと変化球も覚えているし、「ポニョ」を観てどんな反応をするのかも楽しみのひとつです。

プールすらも遠慮したくなるような暑さが続いているので、映画館に避難しに行く機会も増えそうな、今年の夏休み・・・です。
 

kimico | URL | 2008年08月02日(Sat)09:47 [EDIT]


この間ある方と話していたら、「こんな暑い日は必ず映画館に行ってたなあ。昔は家にクーラーも無かったし」と仰って、私もこの暑さで同じ事を思い出していたので、可笑しくて。動機は涼を求めてでも、映画も楽しんでいた懐かしの日々です。
このアニメお子さん達がご覧になったら何て言うでしょうね。お母様は言葉にならないほどの感動を受けるとおもうのですが、又別の見方をされるかも。舞台挨拶でも監督と加瀬さんたち二人のコメントは微妙に違って、この映画の世界観は年代によって受けえ取れる深さが違うのだろうと思いました。
ポニョは最後の頃にはお隣の女の子が映画に合わせて一緒に歌っていました。その光景がちょっと楽しい。

犬塚 | URL | 2008年08月03日(Sun)01:31 [EDIT]


本気で薦められたので

あれから見ました。いいですねえ。だが難しいぞこれは!又絶対推薦作品を教えてください。

K.K | URL | 2008年08月06日(Wed)07:51 [EDIT]


皆に薦めて

ご観賞有難うございました。私的には今年一番と皆に薦めるので、色々な方が「行ったよ!」と感想の個人メールを下さいます。大人は皆さんよかったといってくださいますが、子供たちは解るだろうかとそれに興味津々。解る部分が違うかもしれませんね。そんな多重構造も魅力です。

犬塚 | URL | 2008年08月07日(Thu)20:35 [EDIT]


観てきました!

先週、中学2年の息子とふたりで映画館へ。

すごく、不思議な映画でした。

観終わって、いつもと違い何もしゃべらない息子。
出口のスグ横においてあった「公式ガイドブック」を手に取り黙々と読んでる。
私も?の謎解きをしたくてパンフレットを探したのだけれど、売り切れでした。
その足で書店に向かい、原作の文庫本を買って読んだのですが、息子は見向きもしない。
作品の感想を、いくつか質問してみても、煮え切らない返事。その日も一週間経った今でも。
何か、引っかかってるんだけれど、何が?
言葉にできない様子です。

戦闘シーンの英語の字幕が、漢字が多くてむつかしいように思いました。
「函南」じゃなくて「カンナミ」でいいのでは?文字数の制限かしら?他にも「諒解」より「了解」の方が・・・とか思っちゃいました。

映像が不思議でしたね。
戦闘機や風景のリアルと人物の・・・なんて言うんでしょう?

上手く言葉にできない何かを確かに受け取った。
いつか、言葉にできるでしょうか?

 

kimico | URL | 2008年08月16日(Sat)18:44 [EDIT]


kimicoさんの所の子供さんがご覧になったのか気になっていました。カンナミの年齢になる前の方に見せるのは残酷なような、私とは違った受け止めされ方をするだろうから大丈夫なような、複雑な思いですが、今もって言葉にされないと言うのはどちらなんでしょうか。大きなこの作品のメーっセージを心の奥に沈めて熟成させているのかもしれませんね。

ところで私も漢字が難しいと思いました。漢字と音が繋がるのに少し時間が必要だったくらい。その難しさも世界観なのかも知れません。押井ファンはコアで若い男性に多いですね。

この作品を支配しているのは、やっぱり押井監督の老成した世界観だと思うのです。それを吹き飛ばす元気を若い方なら持っているとも思うし、其処にこそ真実があると、若い頃から気づいているとも思うし、解釈面でも謎の多い作品です。でも単純によかったではない思いは何時までも残る物。この傑作をリアルタイムで見たのは、彼にとって何時か何よりのものになると思います。
児童文学をやる友人ともこの作品について、色々話しました。「崖の上のポニョ」の美しい色彩と深いテーマを内蔵しながら解り易い所も一杯ある作品との対比とか、まるで「シーシュポスの神話」のような不条理とか人生観とか。たいてい映画の意見の合う(好みの範囲は私の方が節操が無い)彼女とも微妙なところが伝わらなくて。忙しいこの夏の私へのご褒美は、この原作を読む時間を私に許すことなのです。久しぶりに原作で世界観を探ってみたくなって…。

犬塚 | URL | 2008年08月17日(Sun)10:59 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

史上最短3億ドル突破『ダークナイト』新記録連発

米ワーナー・ブラザースの『ダークナイト』が、公開からの累計興行収入3億1240万ドルに達し、史上最短で3億ドルを突破した。『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』が16日間を要した大台を、わずか10日間でクリア。4億ドルに手が届くのも時間の問題...
[続きを読む]

Newsブログ検索結果BLOG | 2008年07月28日(Mon) 19:56


映写室 「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」舞台挨拶レポート:犬塚芳美

     ―押井守監督、西尾鉄也作画監督、加瀬亮さん―  若い世代に圧倒的な人気を誇る、森博嗣原作の「スカイ・クロラ」シリーズが、押井守監督...
[続きを読む]

journalist-net | 2008年07月30日(Wed) 07:14


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。