太秦からの映画便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映写室「ブロードウェイ♪ブロードウェイ」上映案内

映写室「ブロードウェイ♪ブロードウェイ」上映案内      
 ―コーラスラインにかける夢―

 秋も本番。大人向けの見逃したくない良作が目白押しになってきた。そんな1本のこれはドキュメンタリーで、伝説のミュージカル「コーラスライン」の16年ぶりの再演のための過酷なオーディションの様子を、ブロードウェイの歴史上初めてという、選考会場にカメラを入れて捉えていく。会場だけでなくカメラはその期間の彼らの日常にも迫り、舞台にかける夢の為に彼らがどんな暮らしを送っているかが描かれる。

burodo-m.jpg
All Rights Reserved (C) Vienna Waits Productions LLC.

 <舞台に全てをかけ>、日常との光と影の狭間をストイックに活きる彼らは何なのだろうと思うけれど、その答えのようなダンサー自身が語る印象的な言葉がある。「ダンサーは鏡によって自我を掘り下げていく。鏡に映して初めて孤独を癒せる人種なのだ」
 <親友と最後の場面で一騎打ちとなった>日本人のユカ、代役候補だったのに8ヶ月の間に有力ダンサーの強敵とまでなった者、苦しい生活をやりくりして全てをこのチャンスにたくした者、一人一人にこんなにドラマがありながらも、応募総数3000人から最終選考の8ヶ月後に選ばれるのはわずか19名だった。過酷な競争に胸が詰まるが、華やかな舞台の裏側こそが、まさにダンサー達の「ブロードウェイ」物語。スポットライトを浴びるのはほんの一握りの選ばれし者で、勝ち抜いた喜びと自信が舞台の彼らを一段と輝かせるし、あそこに自分がたっていたら、次こそは自分がと、客席から舞台を見つめる羨望の眼差しもリアルで熱いのだ。そんな両者がいて初めて成立するブロードウェイ、だからこそ高いクオリティは保たれているのだと納得する。

burodo-s.jpg
All Rights Reserved (C) Vienna Waits Productions LLC.

 <今回再演するという元々の>、コーラスラインのオーディションに集まったダンサーたちの物語「コーラスライン」は、日本でも劇団四季がロングラン上映しているヒット作だし、それを映像化したマイケル・ダグラス主演の映画もあるが、そちらも実話に添うところが大きく、この作品でオリジナル版の今は指導者になっているモデルのダンサー達が、伝説の作品の誕生秘話や当時のいきさつを話して大勢登場するのも見所だ。私のように、未だにそのシーンが浮かぶようなファンには又別の感慨がある。
 <何故これほどに舞台に夢をかけられるのだろう>と痛ましくもなるが、それは私がほどほどの夢を追いかけて緩く生きて来たから。大きな夢ほど簡単には手に入らないのは当然で、そうやって手に入れたものだからこそ輝いている。ショービジネスに魅せられた者たちの喜びと悲しみ、実話ならではの迫力が胸に迫る作品です。「コーラスライン」オリジナル版の貴重な映像の数々もはさまれ、其方も興味深い。(犬塚芳美)

  この作品は10月25(土)より、
       梅田ブルク7、なんばパークスシネマ、MOVIX京都、
       OSシネマズミント神戸で上映
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

コーラスラインは、四季のミュージカルで見たことがあります。映画は、もっと本格的ですね。
夢を追うのは、ステキだけれど、厳しいものです。
でも、一回きりの人生と思うと、チャレンジしたくなるのでしょうねえ。

映画「いのちの食べ方」「宮廷画家ゴヤは見た」を見ました。どちらもシビアで、見るのに気力が要りましたが、頑張って見てよかったと思いました。
「ゴヤ」の方は、人気があって、満席でした。

この映画には関係ないのですが、先日、BSであった「幸福な食卓」を録画し、最後の「くるみ」の歌を繰り返し見て、今、再度CD(映画版)で聞いています。
この歌は泣けます。主人公のキーちゃんもいいし。最後の場面が大好きです。

大空の亀 | URL | 2008年10月18日(Sat)21:59 [EDIT]


マイケルがマイ・ヒーロー

藝術の秋らしく本格的な映画を楽しんでらっしゃるのですね。自宅はもちろんですが、いち早く試写室で観るよりも、自分のお金で大画面の映画館で観る楽しさは格別です。でも確かに、「いのちの食べ方」のそれは辛いだろうなあ。
ところで、「コーラスライン」の映画版でマイケル・ダグラスが演じた敏腕演出家が私のヒーローなのです。容赦のないクールな視点と、全てが終わった後でさり気無く「食事に行こう」と声をかけるところなど、未だに思い出せるくらい。ミュージカル版のファンも多いですね。(残念ながら私は見たことが無い。実はミュージカルが苦手で、見るのは松たか子さんがらみのものだけなのです)
夢を追う大変さは、夢の大きさにもよると思うのです。「しない後悔よりはして後悔する方がいい」とよく言われますが、それは引き返せるほどの夢を追った場合。失敗の後でも後悔しないでいられるかどうかと言ったら、難しい。成功した人ですらどんなに苦労したかを見ているので、簡単には薦められなくて。でも本当にしたかったらそんな声を押し切って進むだろうから、覚悟を決める上でも、甘い言葉ではない反対と言う正論は、誰かが言ってあげないといけないと思っています。

犬塚 | URL | 2008年10月19日(Sun)09:36 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映写室「ブロードウェイ♪ブロードウェイ」上映案内:犬塚芳美

      ―コーラスラインにかける夢―  秋も本番。大人向けの見逃したくない良作が目白押しになってきた。そんな1本のこれはドキュメンタリー...
[続きを読む]

journalist-net | 2008年10月20日(Mon) 07:33


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。